整形外科

診療内容

骨粗鬆症、痛風、関節リウマチ等の全身疾患、スポーツによる障害、骨折、ねんざ、打撲、やけど等の外傷、頸、肩、腰等の痛みやコリ、肘、膝や股関節等の痛みや変形、手足の痛みとしびれやマヒ、偏平足、外反母趾等の足の変形と巻き爪、骨や皮膚、筋肉等のデキモノ(腫瘍)、などの症状や疾患を当院で扱っております。 最新のレントゲンや骨密度測定器を導入し、検査・治療を臨床医学的に行います。また、リハビリテーションスペースで適切な治療が受けられます。

リウマチ

全身のあらゆる場所の関節痛を引き起こす病気です。
朝起きた時に手がこわばる、左右の手の指や手首に痛みがある、腫れているなどの症状から発症することが多く、放置すると、個人差はありますが、関節の変形が進行していきます。
症状の経過や血液検査で早期に診断し、適切な治療を行います。

外傷(ケガ)

切り傷、擦り傷
傷が、土や砂で汚れている場合は、すぐに水道水でよく洗ってください。出血がなかなか止まらない時は、きれいなハンカチなどで圧迫してください。 必要であれば、傷を縫合する処置などを行います。なるべく早くきれいに治る方法で治療します。
やけど
なるべく早く、流水で冷やしてください。やけどの範囲が広がらないようにすることができます。衣服の上からやけどした場合は、無理に脱がずに、そのまま冷やして、受診して下さい。
水ぶくれができた場合は、感染を防ぐため、できるだけ破かずに受診して下さい。
打撲、捻挫(ねんざ)
できれば、患部は冷却し、安静にしてください。骨折を伴っていることもありますので、レントゲン写真を撮影して確認します。捻挫も、損傷の程度によっては、ギプス等の外固定が必要になることもあります。
骨折、脱臼
レントゲン写真を撮影して骨の状態を確認し、患者さんと相談の上、最良と思われる方法で治療します。手術が必要と判断した場合、適切な病院を紹介させていただくこともあります。

腰痛・ひざ痛

首や腰の痛み
首や腰の痛みの原因は、筋膜や筋肉のことが多いですが、中には、神経性のものや、感染性のもの、また、腫瘍性のものが隠れていることもあります。 診察所見やレントゲン検査などで、原因を見極めて適切な治療をします。
肩、肘、膝、など関節の痛み
関節の痛みは、とくに膝ではいわゆる老化現象による変形性関節症のことが多いですが、痛風などの結晶が原因で急性に起こる関節炎や肩関節の動きが悪くなる五十肩もよく見られます。
原因に合った適切な治療を行います。

手足のしびれ・痛み

手足のしびれや痛みは、さまざまな原因で起こります。
血液の循環の障害からおこるもの、末梢神経の障害からおこるもの、脳や脊髄の障害からおこるもの、内科的な疾患(糖尿病や栄養障害など)が原因でおこるものなどがあります。
症状をよく聞かせていただいた上で診察して原因を見極め、適切な治療を行います。
原因によっては、比較的大きな病院での精密検査を依頼させてもらったり、脳神経外科や、内科への受診をおすすめしたり、紹介したりさせていただきます。

リハビリテーション

温熱療法、電気治療、牽引療法などを行います。
変形による膝痛の方のための足の筋力をつける運動の指導や、慢性腰痛の方のための腰痛体操の指導や、関節の動きを改善するリハビリの指導も行います。

副院長:弓削七重(整形外科)

専門医
整形外科専門医(2003年3月~)
リウマチ医(2006年3月~)
スポーツ医(2007年3月~)
運動器リハビリテーション医(2011年3月~)
所属学会
日本整形外科学会
日本手の外科学会
日本運動器科学会
経歴
1990年3月 宮崎県立宮崎西高等学校理数科 卒業
1996年4月 長崎大学医学部 卒業
長崎大学医学部付属病院 整形外科
医療法人伴帥会 愛野記念病院 整形外科
県立大分病院 麻酔科
長崎県立五島中央病院 整形外科
長崎県立島原温泉病院 整形外科
医療法人光善会 長崎百合野病院 整形外科
カリタス外海診療所
平戸市民病院 整形外科
宮崎社会保険病院 整形外科
2004年6月~2012年12月 弓削整形外科 勤務(副院長)
古賀総合病院 整形外科
2014年2月 ゆげ小児科・弓削整形外科 開院
ごあいさつ

昭和47年に父・弓削達雄がこの地に弓削整形外科を開院し、それから40年余りの間、地域医療に携わってまいりましたが、この度、「ゆげ小児科・弓削整形外科」として新たに開院させていただくことになりました。
私は幼いころから父が地域の開業医として診療している姿を身近で見ながら育ち、いろいろと考えた末、父と同じ診療科である整形外科を専攻しました。
私が整形外科を選んだころは、全国的にみても女性の整形外科医は非常に少なく、当時は男性医師に負けないようにと肩を張ってがんばっていました。しかし、結婚、出産、育児を経験するうちに、おのずから男性と女性には違いがあるのは当然で、良い点、悪い点ともにそれぞれの特性があると思うようになりました。
今は自然体で診療を行っています。逆に、女性だからというこだわりもありませんが、私が女性医師であることで、けがや病気で不安な思いで来院された患者さんの緊張感や不安な思いが少しでもやわらぐのであればありがたいことだと思います。
何よりも話をしやすい雰囲気づくりを目指していきたいと思っています。お困りのことなど気軽に話していただけるとうれしいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

お問い合わせはこちら
電話0985-25-7115 受付8:30~17:30
診療時間:小児科
午前:8:30~12:20 午後:15:00~17;30
診療時間:整形外科
WEBから診療予約ができます。
携帯電話・パソコンで予約状況や予約確認を行えます。
診療予約はこちら
ゆげ小児科・弓削整形外科
〒880-0806
宮崎県宮崎市広島1丁目1-18
TEL:0985-25-7115

このページのトップへ